« 森羅の散策:幻化、野の道、五柱の元に | ホーム | 幽明の糸紡ぎ »

2012年3月30日

※しろ示す

 詩的言語の冒険ならぬ、「詩的ことば遊びの冒険」だね。
  それぞれが、ことばにまつわるテーマを持った詩群といってよい。

 <※>(米印)は、もっとも古い言語/記号とされるが、オールマイティーをも意味する。
 字母的な文字/記号である。

 それぞれの習作詩が、どのようなテーマを意識して書かれているかを読み取っていただければと、まとめてみました。

           『 ※しろ示す

 以下は、それぞれの実験詩のタイトルです。

  「※しろ示す」
  「※はださわり」
   「※ノンしゃらん」
   「※みだりみだるみだ」

   PDFの拡大率100%にして、お読みください。

コメントする

この記事について

このページは、小林由典が2012年3月30日 19:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「森羅の散策:幻化、野の道、五柱の元に」です。

次の記事は「幽明の糸紡ぎ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。