2011年12月アーカイブ

戦後詩というのは文字通り戦後に起こった詩精神であり、1970年代から80年代にかけて、終焉を告げられた詩群である。戦後詩とはいったい、何を指しているのだろうか?

歴史主義に対する非連続的構造(空間的認識)について、省略してきましたが、これについて吉本隆明が分かりやすい説明をしているなと思うので、取り上げておきます。

自己完結的な詩の根底にあるのは反省以前的なコギトにある以上、これ以降の現代思想のプロセスを知ることが必要になってくるだろう。転換点となった構造主義思想を追っていく。

デカルトよりもはるか昔の紀元前4~5世紀、仏陀は今日の仏教思想の基となる悟りを開いた。仏教もコギト哲学の系譜だといってよいのだけれど、なぜ独我論の罠に陥らなかったのか?

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ別記事一覧

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて