2010年1月アーカイブ

ジャコメッティのDVD 『本質を見つめる芸術家』を買いPCで見て、本当に感動しました。学生時代にジャコメッティをもっとよく知っていたら、と本当に残念だなと思う。

見えるように描き制作するというジャコメッティの特異な作品。他方、リアリズムの描写は無数の視点移動によって成立しているのであり、そのの方が非現実的な視覚だといえる。

藤林叡三の画風の変遷をみると、表面を描くはずの絵画において、作者の視線が表層から深度を増していくように思える。人間の内面、言葉の届かない詩的世界という趣だ。

藤林叡三の画風は内面に向かったと書いて、ジャコメッティの言葉を思い出した。「内側のことであれこれ考えることはなく、外側だけで問題は山積みだった」と。再びジャコメッティについて...

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ別記事一覧

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて